栄養バランスの取れた腎臓病食の宅配サービスをしている業者がある

医者

誰でも利用できる食事

和食

現代人に合ったサービス

腎臓病は突然に患ったと思われることもありますが、症状として見えない期間が長く、じわじわと進行している恐ろしい病気でもあります。その原因となるのが、たんぱく質と塩分のとりすぎです。つまり、普段の食事内容の偏りで患ってしまう病気と言えます。これは現在進行形で、現代人の生活を象徴しているようなもので、今後も腎臓病を発症する人が増加すると予測されます。患ってしまった場合の現在の有効な手段は、腎臓病食といった食事療法です。近年では宅配サービスが開始され、大勢の人から支持されています。注文方法も電話やファックスのほか、インターネットが主流となり、ショッピング感覚で利用されているのです。簡単で便利という点は現代人には大きなポイントであり、それをクリアしている腎臓病食の宅配は、今後もますます発展していくことでしょう。

保存できるので安心

腎臓病食の宅配は、冷蔵または冷凍で発送されます。それぞれの企業ごとにエリアが設定されているケースもありますが、この場合の多くは冷蔵品です。そのような企業でも、冷蔵・冷凍で扱っているケースが多く、冷凍の場合は全国に対応しています。腎臓病食の宅配の特徴は、食事療法でもっとも重要な、低たんぱくで塩分が大幅に控えられているという点です。簡単なようですが、自宅で作る場合は、ほとんどが手作りとなるような内容です。腎臓病食の宅配の場合は、ほとんどが管理栄養士が作ったレシピをもとに作られている、という特徴もあります。そのような食事が宅配で届けられるので、忙しい人は手間が省け、食事の用意や買い物が困難な、高齢者にも便利というわけです。

腎臓の負担を減らす食事

食事

腎臓病食で食事療法を行なう時には、食品の栄養をバランス良く摂取することを第一に考える必要があります。また、タンパク質や塩分を控えることも大切です。最近では、腎臓病食を販売している業者も多数存在しているので、活用してみるのも良いでしょう。

View Detail

低タンパク米や宅配を利用

医師と看護士

腎臓病になると、塩分制限に加え、腎臓に負担の多いタンパク質の摂取も控えなければなりません。主食となるごはんやパンには意外とタンパク質が豊富です。低タンパク米を利用し、おかずで様々な栄養素を摂取できるよう工夫する必要があります。お忙しい方は、病食宅配サービスを利用することをお勧めします。

View Detail

腎臓の機能の悪化

お年寄り

腎臓病とは、腎臓の糸球体もしくは尿細管が冒されてしまうことによって、腎臓の活動が損なわれる疾病になります。 腎臓の機能は、ひとたび消失すると、改善することがないケースが多く慢性腎不全といわれる病気の状態になります。ですから、予防することが重要になります。

View Detail