栄養バランスの取れた腎臓病食の宅配サービスをしている業者がある

家族

腎臓の機能の悪化

お年寄り

腎臓機能の低下とは

腎臓病は、腎臓の活動が不調に陥る疾病で、腎臓は体全体の毒素もしくは身体にとって不必要な老廃物の除去、そして水分コントロールといった、生命維持、さらに体調を一定に保持する重要な役割を果しており、腎臓にトラブルをもたらすと体の中に広範囲に亘る悪影響がでます。 ひとたび消失した腎機能は、ほとんどの場合は元通りになることがなく、慢性腎不全となります。それに加えて腎臓が機能低下し腎不全が本格化すると、老廃物が蓄積され、尿毒症を発症させます。 腎臓病は、自分で気付く症状がないのが特殊的です。段階的に進んだ腎不全では腎臓機能が3割くらいになるまで、体に不調になることはありません。その結果、検査の他で見つけ出されることはなく、自分で気付く症状のないままほったらかしにされがちですから、一定期間ごとの検診が不可欠となります。

予防するためのポイント

慢性腎臓病の初期の内には、ほとんどのケースで、自分で感じる症状がありません。貧血、さらに疲労感、そしてむくみなどの病気の状況が出たときには、疾病が相当悪化していることがあり得ます。防止と早い段階での発見のためには、周期的に尿検査および血液検査を、行なってもらうことが必要となります。 慢性腎臓病を予防するためには血圧のマネージメントと尿検査が肝要になってきます。家庭において血圧計で、常日頃、繰り返し血圧を計測し、周期的に尿検査をすることをお奨めします。 太り過ぎそして、運動の不足、さらに飲酒、あるいは喫煙、体調を悪化させるようなストレスなどの生活習慣は、慢性腎臓病の発症に非常に大きく関連しています。