栄養バランスの取れた腎臓病食の宅配サービスをしている業者がある

家族

低タンパク米や宅配を利用

医師と看護士

たんぱく摂取を減らす

腎臓病の方向けの食事と聞くと、塩分制限が真っ先に思い浮かぶことでしょう。しかり、タンパク質の制限も行わなえればなりません。タンパク質の摂取は、消化の過程で毒素となってしまい、腎臓の働きによって、身体の外に排出されます。したがって、脂質や糖質に比べると、腎臓に負担がかかってしまうためです。しかしながら、腎臓病であったとしても、タンパク質を取らないことは不可能ですから、効率よく摂取する必要があります。こうした状態では、筋肉や血液を作るのに適した動物性タンパク質を摂取することが望ましくなります。ただし、腎臓病の方は、高血圧を合併症として持っている可能性が低くありませんから、魚や牛乳、卵といった食品の役割が大きくなります。

エネルギーはしっかりと

腎臓病の病食で困難なところは、塩分やタンパク質の摂取制限は行う反面、エネルギーとなるカロリーはしっかり摂取しなければならないところです。ならば、エネルギー効率のよい、ごはんをたくさん食べれば良いと思われるかもしれませんが、そう簡単ではありません。ごはんには、意外とタンパク質が豊富に含まれています。ごはんを食べたぶん、おかずは食べられなくなりますから、バランスが取れなくなってしまう可能性もあります。ですから、主食となるごはんには、低タンパク米を使用するとよいでしょう。レトルトでは各メーカーからも出ていますし、コメとしても販売されています。お忙しいのであれば、腎臓病方向けの病食宅配サービスを利用することもおすすめです。